倒産手続き

sp_bn01.png
メールのお問い合わせ

倒産について

会社の経営が行き詰まってしまった時、事業を再生させる、縮小させるか、売却するかなど、いろいろなことを考えなければなりません。場合によっては倒産手続きをして会社を閉じるという決断をされることもあるかと思います。しかし、実際には考えることややるべきことが多すぎて、事業が上手く回っていない中でそれらすべてのことを冷静に判断するのはかなり難しいというのが正直なところです。当事務所は法的な専門性はもちろんのこと、多くの経営者を見てきた経験などを活かして最適なアドバイスをさせていただきます。倒産や事業再生を少しでも検討されている方は、どうぞお早めにご相談ください。

民事再生

資金に行き詰った際、裁判所の手続きによって事業を再生することを民事再生と言います。

メリット

債務の支払いを一時的にストップし、きちんと再生計画を練った上で現実的な返済プランを作成していくことができます。その際、場合によっては債務の一部が免除されることがあります。また、経営権を失わないのも大きなメリットです。あくまでも自分の会社として、自分の考えを尊重しながら事業再生を目指すことになります。

デメリット

民事再生の手続きを取ることで、社会的な信用を失うことになります。また、再生計画が許可されなければ破産することになります。

民事再生は大きなメリットがありますが、法律の手続きが非常に複雑で、さらに資金のことなどは専門家の判断が必要になります。進め方を間違えたり遅れたりすると、取り返しがつかなくなり、倒産するしかないという状態になってしまう可能性もあります。民事再生をお考えの方は、各専門家と連携しながら問題解決にあたっている当事務所へお任せください。

自己破産

どうしても資金繰りが立ち行かなくなり、再生の見込みもない場合は、自己破産手続きによって会社を倒産させることになります。

メリット

支払い不能な状態のまま放置しておくと、債権者から訴訟を起こされるなど、トラブルがどんどん増えていきます。そして、裁判などによって多大な時間と費用が失われていきます。自己破産手続きを取り、正式に会社を閉じることで、こうした混乱の可能性をなくすことができます。

デメリット

自己破産によって、当然事業は続けられなくなります。とは言え、自己破産に踏み切るのが遅くなると、債権者に余計に迷惑をかけることになってしまいます。自己破産は最悪の結末というわけではありません。お互いのために一番良い選択肢ともなり得るのです。

ご予約・ご相談はお気軽に

法律のことでお悩みでしたら、弁護士法人東大阪総合法律事務所まで、
まずはお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせ下さい TEL:06-6784-7770 お気軽にお問い合わせ下さい TEL:06-6784-7770

24時間受け付けております メールでのお問い合わせ メールのお問い合わせ

TEL:06-6784-7770 メールのお問い合わせ