離婚問題

sp_bn01.png
メールのお問い合わせ

離婚問題でお困りの方へ

  • 離婚を検討している
  • 親権を譲りたくない
  • 相手に慰謝料や養育費を請求したい
  • 子供に定期的に会えるようにしたい
  • DVを受けている
  • 離婚条件で揉めている

離婚は、夫婦間だけの問題ではなく、子供やそれぞれの親、親族なども無関係ではありません。当事務所は、離婚問題に関する多くの実績があり、依頼者様には誠意を持って全力でサポートさせていただくことを大切にしております。お困りのことがありましたら、もしくはこれから離婚の話し合いをすることを検討されているようでしたら、ぜひ早めにご相談にいらしてください。

離婚成立の条件

夫婦どちらも離婚に同意した場合は当然離婚が成立しますが、そうでない場合は、以下の原因が認められなければ離婚は成立しません。

民法で定められた離婚が成立する原因

  • 不貞行為
  • 回復の見込みのない強度の精神病
  • 悪意の遺棄
  • その他、婚姻を継続しがたい重大な事由
  • 3年以上の生死不明

離婚の手続き

離婚は以下の3つの方法で手続きを進めていくことになります。

協議離婚

夫婦間の話し合いによる離婚です。弁護士への依頼があっても、裁判所が関係していない場合は協議離婚になります。

 

調停離婚

話し合いでは離婚が合意されない場合は、家庭裁判所に調停離婚の申請をします。ここでは調停人が間に入り、引き続き話し合いで離婚の可能性を探っていくことなります。なお、離婚トラブルについては裁判の前に必ず調停を起こさなければならないことになっています。

 

裁判離婚

調停でも離婚が成立しなかった場合は、裁判を申し立てて離婚成立を目指すことができます。ここでは裁判官が最終的な判断を下しますので、離婚したい側は法律で定められた「離婚成立の原因」を立証する必要があります。

もっと詳しく知りたい方へ

さらに詳しく離婚問題・男女問題について知りたい方は、こちらをご覧ください。

ご予約・ご相談はお気軽に

法律のことでお悩みでしたら、弁護士法人東大阪総合法律事務所まで、
まずはお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせ下さい TEL:06-6784-7770 お気軽にお問い合わせ下さい TEL:06-6784-7770

24時間受け付けております メールでのお問い合わせ メールのお問い合わせ

TEL:06-6784-7770 メールのお問い合わせ