交通事故問題

sp_bn01.png
メールのお問い合わせ

交通事故問題でお困りの方へ

  • 交通事故に巻き込まれた
  • 後遺障害が認められなかった
  • 相手の態度が誠実でない
  • 仕事に支障が出たので、その分も補償して欲しい
  • 保険会社と揉めている
  • 慰謝料を請求したい
  • すべての交渉を任せたい

交通事故が起きた後は、相手の弁護士や保険会社とやり取りをしながら、慰謝料を請求したり治療を続けたりしていくことになります。そのこと自体が精神的な負担になるという方も多く、場合によっては泣き寝入りしてしまうこともあるようです。交通事故に遭われた方は、早めに当事務所にご相談いただければと思います。これまでの実績を活かして、全力で問題解決を目指します。

交通事故の被害に遭ってしまったら

交通事故の被害に遭った時、加害者や保険会社に任せておいても満足のいく結果になることはほとんどありません。場合によっては被害者救済のために誠実な対応をしてくることもなくはないのですが、基本的には受け身では十分な補償を受けられないと考えておいた方が良いでしょう。つまり、被害に遭って身体も心もつらい時に、自分で損害賠償の請求をしなければならないのです。しかし弁護士にご依頼いただくことで煩わしい手続きや交渉はすべてお任せいただくことができます。

納得のいく補償を受けるために

交通事故の被害者は、多くの場合、保険会社の言いなりのままの金額を受け取っています。被害者は交通事故の専門家でないため、いくらくらいが妥当な金額なのか判断できないからです。また、早く終わらせたいという気持ちもあり、明らかに金額が低すぎるということでなければ、納得して示談書にハンコを押してしまうものです。事故の状況が複雑ですと、さらに損害賠償金額の算定は難しくなり、自分でその妥当性を判断できる方はほとんどいないでしょう。交通事故の損害賠償については、交通事故問題のプロである当事務所へお任せください。

保険会社への対応

保険会社が提示する金額について納得いかない場合でも、担当者から一通りの説明をされると納得せざるを得ない状態になり、示談内容に合意してしまうものです。しかし、言われるがままでは本当にそれが妥当な賠償金額なのかわからないため、後悔することもあります。そうならないためにはこちらも交通事故のトラブルについての相場観を知っておく必要があります。もちろんご自身で勉強されるのも悪くはありませんが、弁護士にご依頼いただくことで、すべてのことを安心してお任せいただけます。

交通事故問題の解決方法

交通事故の損害賠償問題を解決する方法は、主に以下の5つがあります。弁護士はいずれの場合も代理人として問題解決のために動くことができます。できるだけ早い段階でご依頼いただいた方が有利に交渉を進められるため、事故に遭ってしまった方はできるだけ早くご相談いただければと思います。

  • 当事者同士で示談(保険会社も含む)
  • 裁判所での調停
  • 日弁連交通事故相談センターでの示談斡旋
  • 交通事故紛争処理センターでの和解、もしくは裁定
  • 裁判

(交通事故トラブルの95%は示談で処理され、それ以外では交通事故紛争処理センターがよく利用されています)

賠償請求の範囲

死亡した場合

  • 医療関係費(死亡するまでにかかった入院費や治療費など)
  • 葬儀関係費(死体運搬費、棺桶代、葬儀費、火葬代など)
  • 供養費(初七日から百日忌までの読経や供物料など、墓地の購入費は含みません)
  • 弁護士費用(裁判所が認めた損害賠償額の1割程度)
  • 逸失利益(事故がなければ得られていたであろう利益)
  • 慰謝料(精神的、肉体的苦痛による損害への賠償)

怪我の場合

  • 医療関係費(入院費、治療費、通院交通費、付添い人費用、入院中の雑費)
  • 後遺障害のある場合(将来の介護費、将来の手術や義足・義歯・義眼の費用、家屋・自動車の改造費など)
  • 休業補償(仕事を休んだ期間の給与、賞与など)
  • 逸失利益(後遺障害がある場合は労働能力喪失率により算出)
  • 慰謝料(精神的、肉体的苦痛による損害への賠償)

交通事故問題を弁護士に依頼するメリット

交通事故の被害に遭うと、通常は相手が加入している保険会社と賠償金についての交渉を行うことになります。当然、保険会社は賠償金の支払い金額を少しでも抑えるロジックを考え、筋の通った説得を試みます。そして多くの事故被害者は、それが普通なのだと思い、すぐに保険会社の提示したままの内容で納得してしまいます。もしくは、納得いかない場合でも、どう対応すればいいのかわからず泣き寝入りしてしまうようです。

そんな時、交通事故問題に強い当事務所にご相談いただければ、解決までの道筋をご提示し、保険会社と交渉をしながら問題を解決していきます。その結果、最初に保険会社が提示した金額よりも多くの賠償金を得られることがほとんどです。納得のいく結果を求めたい方も、面倒な交渉や手続きを任せたいという方も、まずはお気軽にご相談ください。

交通事故トラブルの解決までの流れ

法律相談

まずは、できるだけ早い段階で法律相談へお越しください。お話をしてみてから、ご依頼されるかどうかをお決めいただけます。

ご依頼

交通事故問題の解決をご依頼いただいた場合は、さらに具体的な資料を集め、裁判になった場合どれくらいの賠償金が見込めるのかを算定します。

交渉、訴訟

裁判での事例に基づいた損害賠償金額(保険会社が提示する金額よりも高いことがほとんど)を保険会社に提示し、交渉を進めていきます。もし示談で双方納得のいく結果が得られそうにない場合には、訴訟手続きをして裁判の中で解決していくことになります。

もっと詳しく知りたい方へ

さらに詳しく交通事故問題について知りたい方は、こちらをご覧ください。

ご予約・ご相談はお気軽に

法律のことでお悩みでしたら、弁護士法人東大阪総合法律事務所まで、
まずはお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせ下さい TEL:06-6784-7770 お気軽にお問い合わせ下さい TEL:06-6784-7770

24時間受け付けております メールでのお問い合わせ メールのお問い合わせ

TEL:06-6784-7770 メールのお問い合わせ