企業法務関係

sp_bn01.png
メールのお問い合わせ

中小企業の経営者の皆様へ

中小企業では、資金調達や新規事業計画の作成、海外展開、既存事業の強化、組織運営、事業承継、金融機関との取引、社員育成など、すべてのことを経営者一人で抱え込んでいることがほとんどです。そんな中で、法律のトラブルが発生すると、すべての仕事が止まってしまい、経営が立ち行かなくなってしまいます。
企業法務は大企業のためだけにあるものではありません。むしろ法務部などの専門部隊がいない中小企業こそ、いざという時のために、あるいはいざという事態が起きないよう、あらかじめ手を打っておくことが重要です。
当事務所は、企業法務において多くの実績を持っており、できるだけ中小企業の経営者に負担をかけず安心を届けられるサービスを行っております。

法的アドバイス、契約書の作成

経営において契約は欠かせないもので、基本契約書、業務委託契約書、請負契約書など、日々何かしらの契約が締結されています。そこでは当然、トラブルが起きることもあるため、できれば契約を締結する前にその内容を精査しておくことが重要です。当事務所では契約書の作成やチェック、アドバイスなどを行っておりますので、契約を締結される際は、お気軽にご相談ください。

事業承継、M&A

経営をスムーズに引き継いだり、吸収・合併・分割などをしたりする際には、様々な法律の問題が発生します。株式だけでなく、資産をどう取り扱うのか、資金調達はどうするか、どこにどのような手続きをすればいいのかを正確に把握した上で、経営的な判断をしなければなりません。その方針によっては今後の会社のあり方に大きな影響を与えることになりますので、慎重かつ確実に事を進めて行かなければなりません。当事務所では、こういった事業承継やM&Aなどのサポートもしておりますので、ご検討されている方はまずはお話だけでもお聞かせいただければと思います。

損害賠償請求

取引先のミスによって自社が大きな損害を被ってしまった時、あるいは逆に損害賠償請求をされた時、どのような対応や手続きが必要になるのかを丁寧にアドバイスさせていただきます。また知的財産権に関する問題が近年増えてきており、ある日急に警告書が届くこともあります。きちんとライセンス契約を結ぶ場合においても、後々揉めることがないよう、その契約内容をきちんと精査しておくことが重要です。その他、従業員が会社に損害を与えた場合、従業員が営業情報や技術情報を外部に流出させた場合などにも対応していますので、何かありましたら早めに当事務所にご相談ください。

もっと詳しく知りたい方へ

さらに詳しく企業法務について知りたい方は、こちらをご覧ください。

ご予約・ご相談はお気軽に

法律のことでお悩みでしたら、弁護士法人東大阪総合法律事務所まで、
まずはお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせ下さい TEL:06-6784-7770 お気軽にお問い合わせ下さい TEL:06-6784-7770

24時間受け付けております メールでのお問い合わせ メールのお問い合わせ

TEL:06-6784-7770 メールのお問い合わせ