不動産トラブル

sp_bn01.png
メールのお問い合わせ

不動産のトラブルでお困りの方へ

  • 家賃を滞納されている
  • 原状回復や修繕についての相談をしたい
  • 入居者に退去して欲しい
  • 土地や建物を貸すが、ちゃんと返してもらえるか心配
  • 滞納している家賃を請求したい
  • 隣人と境界線で争っている
  • 賃料の値上げ/値下げ交渉で揉めている
  • マンション管理組合の運営で揉めている

不動産は生きていく上で欠かせないものであり、それ故に不動産のトラブルも多くの人が一度は経験するものです。場合によっては扱う金額も大きくなりますので、お困りのことがある方は、不動産トラブルに強い当事務所へお任せください。

退去について

賃料の不払いや賃貸契約違反、不法占拠などがある場合は、土地や建物の明け渡しを要求することができます。しかし、相手がこれに応じない場合には、法的な手段を用いて解決していく必要があります。まずは裁判所に訴訟を起こし、場合によっては強制執行の手続きを取ることもあります。当院では請求する方からも、請求される方からの依頼も受け付けておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。

賃貸借のトラブル

家の賃貸者を巡るトラブルは非常に多く発生しています。貸している側と借りている側、それぞれよくある主張は以下の通りです。

貸している側(賃貸人)

  • 家賃を払ってくれない
  • 騒音で周辺の住民が迷惑を被っている
  • 借りている不動産を無断で第三者に譲ったり貸したりした
  • 賃料の値下げを主張されている
  • 借り主が行方不明になってしまった
  • 契約内容を更新した

借りている側(賃借人)

  • 敷金や保証金が返ってこない
  • 物件の修繕をしてくれない
  • 賃料の値下げ交渉をしたい
  • 修繕費の負担割合で揉めている
  • 家賃滞納で契約を解除された
  • 契約更新を拒否された
  • 立ち退きの要求をされている

不動産登記について

不動産を誰が所有しているかは、法務局が持つ情報によって管理されています。そのため、土地や建物を取得した時には、法務局にそれが自分のものであることを申請しなければなりません。これを不動産登記と言います。登記手続きが遅れたり、不備があったりすると、他の者が勝手に登記してしまう恐れがあります。そのため不動産を購入した時や譲り受けた時は、必ず不動産登記に強い専門家に相談するようにしましょう。

不動産契約についてのトラブル

  • 購入した不動産から欠陥が見つかった
  • 預かり金や手付金について揉めごとが起きた
  • 相手が契約違反をしている
  • 重要事項の説明不備があった

これらは不動産の契約をする際によくあるトラブルです。早めにご相談いただくことが早期解決に繋がりますので、揉めてしまった方はもちろん、揉めそうな予兆がある方も、ぜひお早めにご相談ください。

ご予約・ご相談はお気軽に

法律のことでお悩みでしたら、弁護士法人東大阪総合法律事務所まで、
まずはお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせ下さい TEL:06-6784-7770 お気軽にお問い合わせ下さい TEL:06-6784-7770

24時間受け付けております メールでのお問い合わせ メールのお問い合わせ

TEL:06-6784-7770 メールのお問い合わせ